スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスの乾燥

ガラスや砂などの表面は結構反応性に富んでいるんです。水分が付着すると中々離れて行かず水分を取り除くには結構高温で乾燥する必要があります。色んな成分が含まれてない珪砂に例をとって見てみると下の絵のような感じになります。表面の付着水分を除去するにも100~150℃程度での加熱が必要なようです。また、それより少し強く結びついた結合水を除去するには400℃程度での乾燥が必要になるようです。
乾燥と水分01
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Mr. Gt

Author:Mr. Gt
昭和生まれのチョット若そうに見えるけれど結構年取っているかも?
いつも真面目だけど、時々不真面目、これで奥さまに怒られている。酒も飲めるが雰囲気が好きなたち、ガラスの問題ばかり考えて半生を過ぎ反省少し。奥さん孝行しながら暮らしています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。