FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研磨残渣

ガラスを研磨すると自然のことながら研磨液(slurry)の中へガラスの成分のが混入してきます。この成分は液中でプラス又はマイナスに荷電されているようです。この状態はpHによりプラスマイナスを逆転させることもあり、研磨はpHのコントロールが必要になるようです。
それでも、アルカリ成分の多いソーダライムガラスでは、影響はそれほど大きくはないようですが、アルカリ分の少ないガラスは影響を受けやすいようです。
この、pHに依存した粒子の電荷状態の評価指標の一つに等電点の評価があるようです。
研磨剤であるセリアはpH7近辺で電荷ゼロになるところがあるようで、
シリカはpH:2付近 マグネシアはph:12付近にその点が存在するそうです。
下記表は種々の測定方法で測定した等電点の例を示しています。
「こんな事が研磨の何に必要なんだ」と問われると「ま~色々影響があるのでは」と答えることにし、気になる人にはその先をディベートしていくことにしています。
160212等電点

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Mr. Gt

Author:Mr. Gt
昭和生まれのチョット若そうに見えるけれど結構年取っているかも?
いつも真面目だけど、時々不真面目、これで奥さまに怒られている。酒も飲めるが雰囲気が好きなたち、ガラスの問題ばかり考えて半生を過ぎ反省少し。奥さん孝行しながら暮らしています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。