スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築用ガラスでは、通常不純物として鉄分が混入します。これは透明なガラスを色づかせ、通常黄緑色になります。
これをもう少し詳しく見ていくと、鉄分は3価と2価のイオン状態で存在します。さらにこのイオンを個々に見ていくと3価のイオンで橙色、2価のイオンで青色を醸し出す。その影響の程度は下図のようになり、この二種イオンの存在量で微妙に色合いが変化します。昭和の初期は脱泡剤の関係で青味が強かったのですが、近年は緑味が強いように思えます。
160203Fe_ion.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Mr. Gt

Author:Mr. Gt
昭和生まれのチョット若そうに見えるけれど結構年取っているかも?
いつも真面目だけど、時々不真面目、これで奥さまに怒られている。酒も飲めるが雰囲気が好きなたち、ガラスの問題ばかり考えて半生を過ぎ反省少し。奥さん孝行しながら暮らしています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。