スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスの組成と用途(ほんの一部)

ガラスの組成について調べてみました。一番多いガラスは、たぶん窓などに使われているガラスであろう。むかしはなるべく熔かしやすい組成で、酸化ナトリウムなどが多く含まれていたか?それでも大きく変更はされていないと思われるかな?そんなことを考えながら、一覧表を作成してみました。いろんなガラス?製造し易い、耐熱性がある、熱ショックに強い、水や酸やアルカリに強いなどなど、いろんな性質を持っているガラスが数多く製造されているようです。高級レンズなどに使うガラスは一寸傍によけておいて、生活の中でよくみるガラスについてその組成を図にしてみました。やはりシリカ(SiO2)が最も多く含まれ、それ以外では酸化カルシウムやマグネシウム、ホウ酸や酸化アルミニウムなどが多く含まれ、融け易くするため酸化ナトリウムもそれなりに使用され、加えて、ガラス溶融における融剤にはソーダ灰や硼砂がよく使われているようです。
その内容を以下の図のように表してみました。glass composition
これで、一般に眼にするガラスの一部であることに驚きます。これ以外にも色々な成分が鼻薬として含まれ種々の用途に使用されているようですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Mr. Gt

Author:Mr. Gt
昭和生まれのチョット若そうに見えるけれど結構年取っているかも?
いつも真面目だけど、時々不真面目、これで奥さまに怒られている。酒も飲めるが雰囲気が好きなたち、ガラスの問題ばかり考えて半生を過ぎ反省少し。奥さん孝行しながら暮らしています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。