スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破壊応力の計算

ガラスが破損したとき、破損した起点を探して、その部分を細かく観察します。
ガラスの破壊時の応力は、ガラスの破壊起点断面のミラー半径で推定することができます。
計算式は以下のようになります。
     σ=K/(r^1/2)
     σ:発生応力(kg/cm^2)
     K:ミラー定数 691(ソーダライムガラス)
     r:ミラー半径 (mm)
140117ガラス破壊点


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Mr. Gt

Author:Mr. Gt
昭和生まれのチョット若そうに見えるけれど結構年取っているかも?
いつも真面目だけど、時々不真面目、これで奥さまに怒られている。酒も飲めるが雰囲気が好きなたち、ガラスの問題ばかり考えて半生を過ぎ反省少し。奥さん孝行しながら暮らしています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。